覚えておきたいSSID「00000JAPAN」~東日本大震災の教訓より

▶ in ネットワーク posted 2016.03.25 Friday / 05:18

東日本大震災から5年が経過し、震災の教訓がやや風化されつつあると感じる今日。

 

あの地震の時、家族や友人となかなか連絡が取れず困った人も多かったはずです。

 

被災地にいた自分も、通信手段がなくいろいろ戸惑っていたことを思い出します。

 

「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)

 

現在、大規模災害発生に公衆無線LANが無料開放されることをご存知でしょうか。

 

これは、被災者や救援者が通信手段を確保することを目的としています。

 

その際に使用する、無線LAN接続先の名前(SSID)が

00000JAPAN

です。

 

ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMなど、契約しているキャリアに関係なく、また、契約していない人でも無線LANが使える端末を持っていれば、災害時に無料でインターネット通信ができるようになります。

 

この名前「00000JAPAN」は、端末のSSIDの表示画面で、一覧の上に表示させること目的としています。

 

この無料開放が適用される基準は、「携帯インフラが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合」とのことです。

 

災害用の統一SSIDとしては世界初

 

これを使うような事態が起こらないことが理想ですが、万一の備えとして大切だと思います。

 

「00000JAPAN」は、岩手県釜石市と宮城県仙台市で実証実験を行っていて、手順さえ分かればおよそ9割の方が接続できたとのことです。

 

課題は、ITリテラシーの低い人が、災害時にこの無線LANに接続することができるか…ということです。

 

使い方を周知していくとともに、わかるひとが教えてあげるということが大切だと思います。

 

00000JAPANガイドライン第3版と各種ツールの提供開始について
(無線LANビジネス推進連絡会)
http://www.wlan-business.org/archives/4902

自分自身(localhost)にpingを飛ばすとIPv6で返してくる

▶ in ネットワーク posted 2016.01.07 Thursday / 23:32

IPv6を無効にしているにもかかわらず、localhostにpingを飛ばすとIPv6のアドレスで返してくることがあります。

 

IPv4で返してくるように設定するにはどうすればいいか聞かれることがあるので、回避策をメモしておきます。

 

【現象】自分自身(localhost)にpingを飛ばすとIPv6で返してくる

ping_ipv6

 

 

【回避策】IPv4をIPv6より優先に設定することで回避できます。

 

  1. 最初に現在の優先順位を確認します。
    現在の優先順位を確認するコマンド
    「netsh interface ipv6 show prefixpolicies」
    ipv4_01

    優先順位   ラベル  プレフィックス
    ----------  -----  --------------------------------
            50      0  ::1/128
            40      1  ::/0
            35      4  ::ffff:0:0/96 ←これを再優先に設定する
            30      2  2002::/16
             5      5  2001::/32
             3     13  fc00::/7
             1     11  fec0::/10
             1     12  3ffe::/16
             1      3  ::/96
    ---------------------------------------------------------

     

  2. ここで、"ffff:0:0/96"(IPv4互換)プロトコルを、最上位に持ってくるために、コマンドプロンプトを管理者で起動して、下記コマンドを実行します。
    ---------------------------------------------------------
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::ffff:0:0/96 55 4
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::1/128 50 0
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::/0 40 1
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy 2002::/16 30 2
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy 2001::/32 5 5
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy fc00::/7 3 13
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy fec0::/10 1 11
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy 3ffe::/16 1 12
    netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::/96 1 3
    ---------------------------------------------------------


  3. 再度「netsh interface ipv6 show prefixpolicies」で優先順位を確認します。
    「ffff:0:0/96」が1番上に表示されていればOKです。
    ipv4_02

    優先順位   ラベル  プレフィックス
    ----------  -----  --------------------------------
            55      4  ::ffff:0:0/96 ←これでOK
            50      0  ::1/128
            40      1  ::/0
            30      2  2002::/16
             5      5  2001::/32
             3     13  fc00::/7
             1     11  fec0::/10
             1     12  3ffe::/16
             1      3  ::/96
    ---------------------------------------------------------


  4. この状態で、自分自身にpingを飛ばすとIPv4で返してくるようになります。
    ping_ipv4

元の設定に戻すには

 

コマンドプロンプトを管理者として起動して下記コマンドを実行後、OSを再起動します。

 

netsh interface ipv6 reset

PAGE TOP